赤ちゃんと女性

必要な治療

医師

パートナーや医師と一緒に男性不妊治療をしてください。お互い医師に相談をすることで解決へと向かうことが出来ます。

身体に優しい食事をすることで赤ちゃんをつくれる体質にすることが出来ます。京都で不妊治療を考えている方は漢方などを摂取して下さい。

男性にも不妊症がある

昔は不妊は女性の責任と言われ、つい最近まで不妊治療も女性が主に受けるものでした。そして、いまでも女性側に全ての責任があると思いこんでいる人が、世界中にも多くいるのが現実です。男性にも不妊症があるとわかってきたのも近年で、それ以前は治療法さえ確立されていませんでした。男性不妊の治療や研究が盛んになったのはこの15年ほどで、まだまだ未知の分野だと言えます。他国に比べて欧米では、比較的治療や研究が進んでいると言えますが、日本ではまだまだ始まったばかりです。そもそも日本には男性不妊を専門的に扱う医療機関がなく、男性不妊の治療は泌尿器科で行われています。ですから、女性の治療が行われる産婦人科と、男性の治療が行われる泌尿器科の連携が必要な治療となっています。

男性不妊をもっと知る必要がある

男性不妊の原因はいくつか考えられます。成人男性がおたふく風邪にかかると不妊になると言うのは、よく知られている事ですが、これは睾丸炎が発症した場合で(14〜35%の確率で発症)、睾丸炎後の妊娠率は10%弱あると言われています。飲酒や喫煙の因果関係も言われており、このほかにも様々な要因や症状がわかっています。また結核菌や淋菌によって精管や尿道が炎症を起こすと、精子を射出する事が難しくなり、これも不妊の原因となります。このように、これまで精子の運動率や量を中心として考えられていた男性不妊が、根本的な原因の追及が行われたり、精子の質を高めようと言う考え方に変わっていきました。研究によって葉酸が男性にも良い影響を与えるとわかり、今後は精子の質についての研究が進んでいくと思われます。

乳がん検診なども出来ますよ。横浜の産婦人科はあらゆる婦人科検診などが出来るため、女性は病気を早期に発見出来るようになります。

妊娠したい女性は名古屋で不妊治療を受けてみましょう。治療実績も豊富なクリニックなので今後の為に相談してみませんか?

高齢出産でも大丈夫です!不妊治療を大阪のクリニックですることで妊娠する確率が大幅にアップします。ご懐妊を期待出来ます。

どこで使うか

妊婦

葉酸は人間の細胞を作り出すときに必要なものですから、大人ならば新陳代謝に、成長期ならば全身に、そして赤ちゃんを生み出すためにも必要不可欠な栄養であり、欠かすことができません。

Read More..

Menu

チャンスにかける

診察室

体外受精は、何度も繰り返し行えるものではありません。費用も安いわけではないので、チャンスにかける気持ちで行なう必要があります。補助金がないので、費用が高い傾向にあります。

Read More..

女性必見

恋人

妊娠や出産に必要不可欠な栄養素に葉酸がありますが、これは女性にとって重要です。必要になる前から意識して葉酸を利用し、しっかり自分の栄養管理ができるようにしておく必要があります。

Read More..

注目の記事